Thursday, August 17, 2017
 

”空気”作りだけで終らない”Fact”を導くMTG手法

5_01

自分は主にプロジェクトマネージメントを生業としているのですが、
ひと口にPM(プロジェクトマネージメント)と言っても、
会社やプロジェクト毎で様々な役割の分担があります。

プロジェクトマネージメントを進行管理の面だけでなく、広義に”プロジェクト全体を司る人”と定義付けた場合、
バックログなどでのタスク管理やスタッフへのリマインドのみならず、
いわゆる本来ディレクターが担うコンサルティングの分野においても目を配る必要があります。

前者との違いは、対象が制作スタッフだけでなく、クライアント、つまり外部へ向けての情報共有が主なマターとなるわけです。

情報の共有と感情の共感

プロジェクトにおける情報の共有とは、端的にいうと”Fact(真実)”です。
誰が、何を、いつまでに、どうする
といった事実を基に制作スタッフへ、情報として共有します。

もちろんそれだけではなく、
・そもそもでそのTODOの起点は何(誰)なのか。
・どういった経緯で、そういう結論に至ったのか。
・それを行う意図は何なのか。
といった部分もFactの中に含まれます。

極端なウォータフォール型の請負業だと、この辺りの肉の部分がスッ飛ばされて制作へ落ちてくるため、
デザインフェーズなどで手戻りが多いのは往々にしてよくあることかもしれません。

一方で、コンサルフェーズの場合、タスクに落としこむ手前の段階にあるため、
TODOのためのFactは、前者に比べるとさほどの重要性を持たない事があります。
むしろFactよりHypothesis(仮説)や、クライアントからのヒアリングから
引き出した想いや目的を引き出す事がまず重要となるでしょう。

仮説を事実に変えたときに潜む谷

昨今ではコンサルフェーズにおいて、クライアントとワークショップの場を用いるプロジェクトも
増えてきたことと思います。
実際、最近はPMとして入ったプロジェクトにおいても
リアルタイムドキュメンテーションのファシリテートを行う場面も増えてきました。

リーンキャンパスや、グラフィックファシリテーションなど、
視覚化をする事において仮説や想いの見える化を行うMTGです。
旧態的なヒアリングシートの質問項目からRFPを出してもらって、粛々と進めるプロジェクトと違い、
クライアントとパートナーシップを築きながら、チームビルディングをする手法です。

一見すると、この手法はプロジェクトの体制をクライアントとフラットに築く上で一定の効果はあるのですが、
慣れないと、なかなかどうしてプロジェクトが停滞する場面がよくあります。

それは見える化までは良いのですが「で、誰が、何から始めるの?」が、把握しづらいということです。

当事者意識という名の幻想

ウォータフォール型、アジャイル型などプロジェクトの形態も増えてきていますが、
個人的にアジャイル型は、小さなウォータフォール型の集合体と感じる場面があります。

やはり人間、古来より”誰かが決めて”、それに基づいて、自分のやることを進行するという図式に慣れているからでしょうか。
停滞しているプロジェクトを進める特効薬は「決める人がいないなら、まず決める人を決めてくれ」なのは、
アジャイル型のプロジェクトにおいて見過ごしがちな部分です
(得てして「アジャイルであること」に拘ってしまっている事が多いのが理由かと)。

谷を越える方法としてのリーダーシップ

リーダーは原則1人です。当然ですね。リーダーが何人もいると指示系統が破綻します。
しかし、本質的なリーダーである事と、社内における上司的権限を持っている事は、
必ずしもイコールではありません。

プロジェクトにおいても同じ事です。
「クライアントだから言うことを聞かなくてはいけない」というバイアスから
思考停止してしまっている請負制作は多いと思います。

目を向けるべきは1点『プロジェクト本来の目的』です。
目的を正しく把握していれば、権限を持つ人の指示を仰がずとも、個々で「今何が必要なのか」の判断はできると感じています。
リアルタイムドキュメンテーションやアジャイルでのチームビルディングにおいて、本質的な目的はそこにあります。

”空気作り”やパートナーシップ築きだけでなく、参加者1人1人が「このプロジェクトにおいて、これが正しい」と判断できる基準というFactを共有する事。
そのためのMTGのファシリテートが大事になってきます。

MTGにおけるワークショップ自体をサービス化しているのなら別ですが、
それらからのWBSへの落とし込みにおいては、まだまだ骨が折れるところです。

しかし、プロジェクトの可能性を広げる”Hypothesis”とプロジェクトを前に進める上で大切な”Fact”を、しっかりと見極める目をもつこと。
それが、これからのディレクター/プロジェクトマネージャーにとって、
もっと必要なスキルになってくるのだと思います。

 

改善のプロセス設計は一日して成らず

h06

すっかり新年も節分も明けまして。本年もよろしくお願いいたします。

去年は、色々と自分の中で新しい目標をたてたり、そのための環境構築などに費やした一年でした。
今年は、それらについて一定の成果を望みたいところ。結果はどうあれ、プロセス重視で今まで通りに続けていきたいものです。

去年辺りから個人的にボンヤリと考えていた事の1つに『現状の改善のためのプロセス設計』というのがありまして。
ちょっとそれらについて述べてみたいと思います。

『改善』の第一歩はどこから手をつけるべきか

ある事案について改善をしたいと考えていたとします。(急
会社単位でも良いですし、プロジェクト単位でも良いでしょう。もちろん個人での生活の中でも構いません。改善したい何か(ストレス的な何か)があることってありますよね?
で、それを改善する上で人は方法を考えます。会社単位なら上司や経営者に相談。個人なら問題点を考えて、我慢したり切り詰めたりといったところでしょうか。

ですが、この方法には、少し問題がある気がします。それは、ストレスを改善するために新しいストレスを無意識に生み出しているからです。

『何かのせい』にしていても望む成果は得にくいもの

問題点のある何かしら事柄について、私達はすぐに「その事柄の責任者に何とかしてもらおう」という意識が働きがちです。先の例なら会社では上司、個人なら自分です。

しかし、それだと問題発見の起点が自分であっても行動までのプロセスがトップダウンになるため、実際の行動時での効果の評価を得にくい構造になりがちですし、上司や自分の本能的な部分で、本当にその改善が必要なのかという問題意識が合致していない限り、なかなか思うような成果は得にくいかと思います。

問題点の粒度を最小化することでコストも最小化される

一気に得たい成果や評価を得ようとしても、時間もかかりますし、リソースやコストもかかります。まして自分に決裁権のない範疇で問題点を挙げても「なんかウルサイこと言ってるな』くらいで、取り合ってもらえないことも多いのではないでしょうか。
「正しいことをしたければ、偉くなれ」とは、某刑事ドラマのベテラン刑事のセリフですが、文化や習慣を一気に変えるのは、かなりのパワーが必要です。

ですので、まずはその問題点の元凶を論理的に最小単位まで辿ることをしてみてはどうでしょうか?

膨れ上がった問題点も元を辿れば単一の事柄

問題点の多くは事情や要素が複雑に絡み合っている事が多いです。見えない巨大な何かを前にして尻込みをする前に一つの仮説を基にして、最小粒度まで辿っていくと、思ってたよりその元凶は単純な事が多いです。

問題点の元凶を捉えたら、次は改善策を考えます。どうでしょうか?当初考えていたよりは、ずっと小さいコスト/リソースで解決できるイメージになっていませんでしょうか?
社内的な問題点ならコミュニケーション方法だったり、個人ならお金の使い方とか。思考プロセスを改善したいのなら、望む思考をするための時間や場所を確保するなどですかね。

小さいギアが大きいギアを動かすとき

巨大化した問題点を改善するためには、それ相応のパワーが必要になります。権限やヒト・モノ・カネを使って動かすことも可能かと思いますが、なかなか現場レベル/個人レベルでは一苦労だと思いますし、現場レベルだからこそ改善が必要と声を挙げる機会も多いはず。

ですので、まずは大きいギアを動かすための小さいギアを作ってみましょう。最初は小さいギアから、やがて大きいギアに力が作用して全体が動き出すイメージです。

重要なのは、小さいながらも改善が進んでいることを実感することです。そしてそれを継続する事。仮に大きいギアまで届かなくても、その実感が自分を大きくすると同時に自身にとって大切な財産になるはず。

工夫もせずに無いもの強請りをしていては、本当に改善される事は永久にありません。
そのためのプロセスをどう踏むかの設計をしてこそ、そこから改善は始まるのだと感じます。

 

Webディレクターだからできる”クリエイティブ”と”ビジネス”へのアプローチ

a65

7/3ですが、GarageAKIHABARA|株式会社イノセンティブさんにてフリーランスWebディレクターから見た”クリエイティブ”と”ビジネス”の使いドコロ・落としドコロという題で講義をする機会をいただきました。

当日は、あいにくの雨でしたが、それでもご参加をいただき1つのテーブルを囲んで和やかな雰囲気の中、講義させてもらいました。
改めてお声掛けいただきました株式会社イノセンティブ 合田さん、ありがとうございました。

講義の内容としては、普段からこのブログ等で常々書いている事を軸に、これからディレクターとして考えていきたいクリエイティブとビジネスへの携わり方、またそのために必要なことなどについてお話しました。

自分でも思ってた以上にマインドセット寄りのお話になる傾向があるなと思ってた上に、当日ご参加のみなさんのバックグラウンドが見えない状況でしたので、なるべく汎用的にかつ具体的にToDoへ落とし込む上での考え方をメインにしたつもりです。やっぱりマインドセットですね。うまく伝わっていればこれ幸い。

ディレクターのポジションからみたクリエイティブ

まず、最初にお話したのは、ウォーターフォール型をケースとした職域毎のポジションについてでした。いわゆるプロデューサーを最初とてエンジニアへと落ちていく流れですね。その中でディレクターの見る領域はビジネスとクリエイティブの両方であるという事。
ここでいう「見る」は「観る」という意味も含みますけど、ジョジョっぽくなるので、さておいて。

ディレクターは、基本的に実際に手は動かしませんが、成果物としてクリエイティビティを担保しなければいけません。
その担保のために必要な事は何なのでしょうか。スコープがハッキリとした要件定義なのか、網羅的なペルソナなのか、超人的なリソースなのか(え)。
個々のケースによって要素は様々あるかと思いますが、自分にとって一番クリエイティビティを担保する上で必要だと思うのは常日頃から時間だと定義しています。

最も基本的な要素であるからゆえに、制作のために必要な時間について無頓着なディレクションをする事が炎上を招いている事。そうならないためにディレクターはどこにポイントを置いて調整をすべきかについてお話をしました。

クリエイティブ力を上げるのは日々のPDCAから

またプロジェクトを進めるためにはスタッフの力はかかせません。しかし、プロジェクトを進行する事、また納品自体が目的化している場合、プロジェクトが属人化し、それが慢性化している事をよく見かけます。

さしあたっての対応としては問題ないかもしれませんが、ナレッジやノウハウが1人に偏ってしまうと、当人が休暇もしくは離脱した時にチームとしてのパワーは当然下がってしまう事になります。

ディレクターは、常日頃からそれらの事態に備える意味でも、スタッフ間でのナレッジの共有に目を配るべきだと考えています。

ウォーターフォール型、アジャイル型問わずスタッフ間で見える部分と”見せない部分”はあるもの。
そういった溝を常日頃からフラットにし、チームビルディングのプランへと昇華させる施策化するのは、本来ハブのポジションにいるディレクターが向いているはずです。

プランができれば、Do、Check、Actへと小さいPDCAを回す事から始める事で、スタッフにも新しい気付きや、そのポジションだからできる改善策のアイデアもあるはずです。それらをみすみす寝かしておくのはもったいないと思いませんか?

目先の案件だけを見るのではなく、その先を見越した下地作りをいかにして習慣化させるかが、これからのディレクターにとって大事な視点となってくるでしょう。

ディレクターのポジションからみたビジネス

次にお話をしたのはディレクターのポジションからみたビジネスへの携わり方についてでした。

世の中において絶対的に「こうすれば売れる」というものは存在しません。その前提の中、クライアントのビジネスをWebを使ってどう援助していけば良いのかをディレクターは考えていく必要があります。

多種多様なユーザーのニーズに網羅的に答えていくのか、それともターゲットを絞った上でサービスをアジャストしていくのか。
答えは、これも個々の状況によるかとは思いますが、大切なのは商品の価値のバリエーションは多いほどよいという事です。

そのためにディレクターは常日頃から「たられば」を多く言える発想を持つと良いでしょう。「今の条件より、こうすれば、こうすることもできます。こうなったら、想定の結果はこうです」と言った具合です。

最後の決裁はクライアント側のキーマンもしくは上長になるかと思いますが、たくさんの可能性を論理だてて話せるということが大事です。

つまり、そもそも絶対的な方法がない中で論理的に可能性をあげるということは結果的に「今やるべき事を絞り込む」という事に繋がるからです。
雲をつかむような話でもせめて雲を作ることはできる。そのためには何が必要なのかを具体的にあげていく。詭弁かもしれませんがイメージ的にはそんな感じです。

そして、そこからの仮説を軸に検証を繰り返す事でターゲットであるユーザーへと徐々に寄せていける様になります。そのための環境や雰囲気をいかに作るのか。

それがディレクターがビジネスと関わる上でこれから大事な点になるでしょう。

”当たり前”を当たり前にやるために

クリエイティブもビジネスも、どちらもポイントとなっているのは、日々のPDCAをいかにして回すかという結論で今回はお話をしました。

答えはそれぞれあってしかるべきですし異論反論もあるでしょう。
しかし、当たり前な部分へのケアができてない環境は自分が見てきた限り、まだまだ多くあると思うのです。
先や上を目指すより前にまず足元を固める姿勢、そこからの積み重ねがあってこその先や上、枝葉末節のTipsの話に行くべきだと思います。

自分自身、努力や頑張るという言葉は、あまり好きではありません。
だからこそ、そういったプロセスをいかに楽しく当たり前にできる様に今どうしたら良いのか
そのためのちょっとした工夫にこそディレクターのクリエイティブの面白さがまだまだ残っているのではと感じています。

改めて、当日ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
また機会があれば、よろしくお願いいたします。

当日、ご紹介したスライドを下記にアップしました。ご興味ある方はご覧下さい。
※有料のイベントでしたので、一部抜粋版となっています。ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

 

できるWebディレクターは二度、仮説をたてる

j44-3既存PCサイトのリニューアルや新規のスマホサイト展開などが主流となりつつある昨今。

制作作業のディレクションをする上で先方とのキックオフ時などに既存サイトのログやアクセス解析のデータをいただく様にお願いする事があると思います。

Google Analyticsなどアクセス解析からとれるPV、UU、リピート率などから現状分析をし、サイトのあるべき形を探るプロセスは、多様化するサイト制作の第一歩として必要不可欠なものになってきました。

アナリストでしたら現状分析の名の下に批評だけすれば良いかもしれませんが、ディレクション/コンサルが業務であるのなら現状分析が終わったら次は必ず仮説を立てる必要があります。

この時に気をつけたいのは”まずどの立場で仮説を立てるべきか”です。

まずはクライアント目線で仮説を立ててみよう

なぜ、まずクライアント目線で仮説を立てるのでしょうか。理由は”今、手元にある現状分析のデータからユーザー視点での仮説は限界があるから”です。

そもそもの制作の発端は「既存のPCサイトを改善したい」という理由のはずですし、改善の必要があるPCサイトで得られたアクセス解析データからユーザーの動向を最初から読み解くには下地が不十分です。
ユーザー視点に入る前にまずは”運営側がサービス提供したいコンテンツは何なのか”にフォーカスを絞って仮説を立ててみましょう。

サイト上でビジネスしたい場合は、商品情報への導線、CVRが優先でしょうし、実店鋪に魅力がある業態なら店舗訪問を促すため店舗情報の充実が必要でしょう。営業力が強いのならお問い合わせからサポートに繋いで営業をする手法もあるかもしれません。
先方のビジネスにおける利点や本当に提供したい価値をオンライン/オフラインでの差異も含めて多角的に分析しオンラインビジネスのアプローチの可能性を広げてあげましょう。

この時のコツの一つとして、上記の仮説をあげた段階で一度、クライアント側に既知のデータがあるかを伺ってみましょう。仮説の段階で客観的なデータが取れれば施策のコストが省けますし、また新たな可能性が見えてくる場合もあります。

一方通行ではダメ。次はユーザー目線での仮説

クライアント側の立場から売りたいもの、見せたいものが、客観的視点から出揃った段階から、次はユーザー目線からの仮説です。

ユーザーにとって有益な情報は何か、ユーザーにとって情報を探しやすくするためにどうしたらよいか。
ヒートマップやキーワード流入の現状分析などからコンテキストを検証し、UI/UXの部分から、誰に、何を、どこで、いつ、どこへのポイントで十分に思案しましょう。

ここで気をつけるべきは、いきなり見た目上のオムニチャネルな施策を目指すのではなく、チャネルを絞ってターゲティング(単一チャネル)を絞った施策への落とし込みを心がける事です。

仮説は可能性の探求

大事な事は”現状分析->仮説(クライアント目線)->分析->仮説(ユーザー目線)”をPDCAのPlanのフェーズで行う事です。一度の仮説で安心せず細かくフェーズを切り、立場を変え、視点を変えて複数回、仮説を立てる事で、精度を上げる事ができるでしょう。

明確なユーザーターゲティングのためには、一発ホームランを狙う事は非効率です。またユーザー目線からの仮説は大切ですが、十分な下地も無いままに進めたあるべき論では、それは仮説ではなく、ただの主観です。
クライアントのビジネスを再評価し、かつユーザーへ適切にサービス提供する姿勢が大切です。

ディレクターが考えるのは、ゴールだけでなく、そこに行き着くまでの戦略です。データはあくまで、ある視点からの結果でしかありません。
最終的に目指すところはユーザーの満足度向上であるからこそ、情報の視点を意識的に変える事で、クライアントも気づいていない新しいサイト(ビジネス)の可能性を探ることで、ユーザーへ今までにない体験を提供できるかもしれません。

無数にある可能性の中から(現状)一番良い解をどれだけ多く出せるか。それが”できるWebディレクター”の違いなんだと思います。

 

Webディレクターになるには、まず自分をディレクションする事から始めよう

k38-06年も明けてしばらく経ちましたね。

自分の周りに限ってかもしれませんが、徐々に人材関係の流動が活発になってきた印象があります。
去年末に「転職(バイト)先でも探そうかな」と考えていた方が、ちょっとずつ動き出してきたと言ったところでしょうか。

早い方はこれくらいから動き出して、2月中旬まで職探し、3月に身辺整理と引き継ぎの上で年度末に退社。4月1日に晴れて新会社に入社というパターンが多いのかもしれません。

時期で人材が動くというのも変な感じはありますが、妙に区切りに拘りたいというのも人情が表れてて面白いですね。

Webディレクターほど『Webディレクター』という肩書に囚われている

先日こちらの記事が自分の周りで話題になっていました。
webディレクターの採用と転職活動の難しさ

ECサイト運用を例に挙げWebディレクターの記事でした、この記事を読んでみて「自分がフリーランスのWebディレクターになるときってどうだったかなー」と少し思い返してみました。

常々感じるのは、Webディレクターは職能に関してのアイデンティティを確立する事が他と比べると難しいというのはあります。

『できる事』と『やりたい事』との乖離や理念の具体的な抽出が難しかったり、かといって『求められる事』は粒度の小さいスキルだったりと、自分の中で消化するのは諦めに似た悟りみたいなのが必要だったり。
例としてはUXやIAなどアカデミックな要素を含む人間工学、社会学的なアプローチが必要と思っても、日々の業務で必要なのはエクセルの知識とか。志と実務がジレンマを起こして「結局どうすりゃ良いの?」って悩んでいるWebディレクターさんは多いと思います。

ただ、ここで定義としたいのは「あなたのなりたいWebディレクターってどんなの?」って事です。

Webディレクターなど対外的な肩書きに過ぎない

スキルセットだけの論理で言うならプロジェクトを進行する事ができれば、その人は職能的にエンジニアであっても立派なディレクターです。

仕事で無くても良いでしょう。新規プロジェクトなら友人とのBBQや家の大掃除。運営毎なら家事全般。それぞれチーム間での『誰が何をいつまでにどうする事で最終的にこうする』が共有できれば良いのです。
使うツールもエクセルでもパワポでもOmniPlanでも手書きの紙でもなんでも良いです。目的さえ果たせているのなら。

つまり、実践や経験がモノを言う職能であり、そこに関していえば他と変わりはありません。しかしWebディレクターという肩書きに左右され、よくわからないものをよくわからないままに影を追い求めているケースを目にします。

『自分がどうありたいか』をまず決めよう。

先述の記事でも『Webディレクターは流動の少ない職能』『人材のコモディティ化』『把握すべき技術/情報の多様性への対応負荷』などを問題点として挙げられていました。

自分もそこはAgreeですし、そこにスキマ産業している身でもあるので、あーだこーだ言うつもりはありません。
ただ、スキルアップやキャリアアップの修行を積む前にまず『自分がどういうWebディレクターでありたいのか』を決めるべきだと感じます。

自分は幸い、営業職を経てWebディレクターになった人間なので、一般的な制作からのジョブチェンジとは若干、毛色が違います。

それだけに作る事だけにとらわれず「良いものを作るのは当たり前。それをいかにして売るか」という目線を常にもって、プロジェクトと接する機会が多いです。ユーザー目線を意識して、何を誰にどうしたいのか。その具現化と、実現までの旗振りを担う。そこが自分のWebディレクターとしてのアイデンティティですし、そのためにプロジェクトを前に進める(Progettista)のが自分が得意とする方法です。

これから転職をしようとしているWebディレクターの方、もしくはWebディレクターになりたいという方は、まず

・自分がなりたい『Webディレクター』のイメージを持つ。
・そのために必要なスキルは何なのか、今持っているスキルは何のかを把握する。
・日々の中で『小さいプロジェクト』を立ててみる。

これらを実践することで、将来のご自身の中の『Webディレクター』のイメージがハッキリする事でしょう。
『ディレクション』は言葉の通り、方向性に過ぎません。ならばゴールをまずしっかりと決め、その過程を楽しむ。

そういったマインドを持っている事こそ今、業界に求められているWebディレクターだと感じます。