Wednesday, October 21, 2020
 

暮れの元気なご挨拶

Pocket

いつの頃からか年賀状を書かなくなって、それが当たり前になっている。
かといって、「あけおめ」メールをする事もなく、なんとなく、そういったキマリの挨拶みたいなことをするのに照れみたいなのを感じてしまうのだが、小学校の頃に担任の先生に年賀状を書いて、それ以来書いていないかもしれない。あんまり覚えてない。高校とかは多分皆無。まぁ、普段から顔合わせてる仲だし、何をいまさらおめでとうなのかとツンツンしてた時期だったかも。

ブログとかTwitterとか自分発信のメディア思考だと、あまり自分から誰かに年賀状を書いたりって事が億劫になりそう。自分のブログで「新年のご挨拶」なんてタイトルで、つらつら抱負を書いて友達がコメントで返事とか。それがいいのか。楽だから。

それでいいのかはわからないけれど、書かない自分が言うのもなんだが、なんとなくそれに世の中がつられてしまっている様なフシを感じる。郵政方面の人は置いといて。デジタルはともかく、郵便に思いを託すというのとはまた違った、新年の自分の気持ちの表現方法って他にないかなーとか考えたけど、やっぱり会って挨拶するのが一番良い気がする。それが一番伝わりそう。暗い話が多いので、愚痴など言いつつも楽しく時間を共有するのが一番の挨拶なんだろうなぁ。年始とか一応区切りの時に自分の大事な人に会って、親睦を深めるというのは、案外バカにできないのかもしれないなーとか思った。

振り返ってみると、今年は、元旦から年末まで本当に「自分について」を考える事が多かった1年だった。
周りから言われてた事は、意図する部分はずっと同じで、なんとかその都度、こうしようあーしようと考えてたんだけど、結局、補えないまま一年終わってたんだなーと思った。後半はすっかりバテたし。ただ足りてない事を個性と受け入れ、そこからどうするのかを来年は考えてやってかないとと思ってる。なんとなくやっと自分の軸が見えてきた感じ。スタートはネガティブっぽいけど、考え方次第かも。

世の中は色々あるからー どうか元気でー お気をつけてー。

 
関連記事

Tags: ,

Comments

No comments so far.
  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name